必要な道具とオプション(あると便利な仏像彫刻用道具)

お買い求めいただくもの 内容
クリ小刀(刃物鋼1分半、品切れ時はハイス鋼2分、写真は刃物鋼)
不動明王、観音像などお体の透かしの部分、光背の仕上げに必須。
¥3,900
各自用意していただくもの ホームセンターなどでご購入のこと
キリ
握り手の穴他、穴あけ用
回し挽きノコ
不動明王、観音像などで、胴体と腕、天衣を切り離すのに使う。
けびき
框台座に平行な線を引くのに使う。
胴付きノコ
大日如来像など腕と胴を切り離して仕上げるのに使う。(中級科以上)
オプション(当講座でお買い求め出来ます。) あると重宝!(おすすめ度 ★)
ノギスプラスチック製¥400
お顔、肘、膝などの巾を出すのに必須、しかもプラスチックなので刃や木地が傷つかない。
トースカン鉛筆型★ ¥3,800
鉛筆なので仏像に一ツ、とか半の平行な線が簡単に引けます。台が木製で刃を痛めず、しかも軽い。
万力(大型両締め)★ 
¥15,000

材料を挟んで固定でき、ノコ挽きや鑿使用時に便利。また、台座や寄せ木など接着作業に必須。左図のように台木付きです。
最大開き寸法 30センチ
ダイアケア★ 8,300
水が不要。金盤ですからすり減りませんし、普通の砥石よりもすばやく研げます。荒研ぎ、中研ぎ用の2本が付いています。中央に角度調整台がついていますので丸っ刃になることがありません。もちろん、三角刀、丸刀(丸刀は金盤に90度にあてて刀を回転させて研ぐ)も研げます。
仕上げ研ぎ機★ ¥19,500
1型、グラインダー付きのもの(中研ぎ砥石付き型)は中研ぎと仕上げ研ぎ兼用、2型 お薦め品仕上げ専門型は左写真のように丸刀用、平、小刀用バフ付き、いずれも丸刀、三角刀の裏刃研ぎバフ付きです。
使い方は研磨棒をバフに塗り、回転する砥石に刃先を添えるだけ
ご注文の際は、中研ぎ兼用型1型 仕上げ専門型2型のどちらかを選択。
 画像なし  研ぎ機用BOX★ ¥3,000
研ぎ機は研ぎの粉(油性)が飛び散ります。BOXも合わせて購入がお薦め。