仏像彫刻用道具

お買い求めいただく道具 イ、専門家用道具コースか ロ、ハイス鋼道具コースを選択
イ、専門家用道具コース 首都圏各教室で使っている道具です。刃厚が大きい
彫刻刀10本組セット(袋付き・専門家用
初級科から中級科まで、この10本が最小限必要です。
曲尺(尺目盛り)
初級科B以上のクラスで必ず使います。
¥42,000
砥石セット
研ぎは中砥(人工)仕上げ天然砥石を使用します。
中砥(人工)は裏表、側面使います。裏は溝をクギなどで作ってから丸刀を研ぎます。
仕上げ天然砥石は表を小刀や平刀、三角刀など平たい彫刻刀用に、裏を丸刀用に使います。裏は溝をクギなどで作ってから丸刀を研ぎます。最低必要な研ぎの道具です。
オプションの仕上げ研ぎ機で超仕上げ研ぎをしますと一層切れ味がよいです。
¥7,000
ロ、ハイス鋼道具コース 手頃な値段、特殊鋼のため長切れします。
彫刻刀10本組セット
(袋付き・ハイス鋼使用
初級科から中級科まで、この10本が最小限必要です。
曲尺(尺目盛り)
初級科B以上のクラスで必ず使います。
¥29,400

※出荷当時は彫刻刀に仕上げ研ぎ機で超仕上げ研ぎを施してあります。最高の切れ味にするにはオプションの仕上げ研ぎ機を購入ください。
砥石セット
研ぎは中砥(人工)仕上げ天然砥石を使用します。
中砥(人工)は裏表、側面使います。裏は溝をクギなどで作ってから丸刀を研ぎます。
仕上げ天然砥石は表を小刀や平刀、三角刀など平たい彫刻刀用に、裏を丸刀用に使います。裏は溝をクギなどで作ってから丸刀を研ぎます。最低必要な研ぎの道具です。
オプションの仕上げ研ぎ機で超仕上げ研ぎをしますと一層切れ味がよいです。
¥7,000
各自ご用意していただく道具 (ホームセンターなどで各自ご購入してください。)
彫刻台
テーブルにハの部分を引っかけてロの部分に材料を付けます。これがあれば机や彫刻刀が痛むことなく作業が出来ます。
用意する板と角材
イ、20cm巾30cm長さ1枚(ラワン材か集成材)
ロ、4cm角くらいの角材(ラワン材など)
ハ、3cm角くらいの角材(ラワン材など)

組立方 ロ、ハをイにボンド付けし、下から木ねじで締める。表にネジの頭があると彫刻刀を痛めます。
両刃ノコ
ノコ刃の長さが25cm以上で角材挽き用の腰の厚いのが良い。目の粗い刃の方は縦挽き(木の目に添って挽く)、細かい方は横挽き(切断)。
オプション 彫刻台も購入したい方
彫刻台 ¥2,400
当講座特製の彫刻台があります。